和菓子サロン 一祥

Japanese Sweets Salon Issho

3月 桜餅

小さい春見つけた!と、
喜びに浸る時を許されないような、
とても寒い日が続いています。
淡いピンクの生地と、
桜の葉の香りで、しばし春の気分を味わいました。




鍋で、道明寺粉が水を吸うまで煮ます。



蒸しあがりました。もち米の柔らかい香りが広がります。



熱い生地であんを包みます。



底まできれいに。



出来た!



桜色に染めた羊羹を、桜の型で抜きます。



水洗いした葉で包んで、



羊羹と氷餅と葉で、数種類の桜餅を作成。



売り物のように仕上がりました!



今回は、白漉し餡で作った羊羹も型で抜き、
飾り付けをしました。
同じ赤の色素でも、生地や少しのさじ加減で
とてもきれいなグラデーションに仕上がります。


3月11日の大地震に原発の問題。
京都はほぼ変わらない日常で、
同じ日本で本当に起こっていることとは思えませんでした。
無力な自分を、さらに小さく思う日々が続いています。

出来る限りの援助はもちろんですが、
お祈りすること、忘れない事、常に思っていたい、と強く感じました。
一日も早い、本当の復興をお祈りしております。

広告を非表示にする
(c)2008blog.hatena.ne.jp/wagashi_issho