読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和菓子サロン 一祥

Japanese Sweets Salon Issho

青梅(外郎製) レシピ




 梅雨の頃、みずみずしい青梅を見かける機会が多くなります。
梅酒、梅干など用途の多い果物ですが、今回はウイロウ製の「青梅」です。
 米粉を中心とした生地を蒸し、黄身餡を包んで、本物そっくりに仕上げます。
最後のへら使いで、様々な表情の梅が出来上がりますよ。

材料(10個〜15個)

上新粉90g
もち粉30g
砂糖180g
葛粉15g
ぬるま湯170cc

黄身餡(白漉し餡200g卵黄(ゆで卵)1〜2個)
シロップ(手水用)、食用色素、片栗粉、各適宜

作り方

  1. 上新粉、もち粉、砂糖をよく混ぜ合わせる。
  2. 枠に濡れふきんを敷く。
  3. 分量のぬるま湯少量でといた葛粉を流しいれ、残りのぬるま湯を加えて泡だて器でかき混ぜる。食用色素で色づけをする。
  4. 枠に生地を流しこみ、強火で30分蒸す。
  5. 手水用シロップ、20gのあん玉(白餡と卵黄を混ぜたもの)を作る。
  6. 蒸しあがったらふきんごと取出し、熱いうちにふきんを使って一つにまとめる。
  7. シロップを手につけ生地を捏ね、滑らかにする。
  8. 生地を分割し、餡を包む。
  9. 片栗粉をまぶし、梅の形に成型する。
(c)2008blog.hatena.ne.jp/wagashi_issho