読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和菓子サロン 一祥

Japanese Sweets Salon Issho

いちご大福 レシピ




冬から春にかけて、スーパーやコンビニでも見かけるようになった「いちご大福」。
昭和60年ごろ、東京や三重などの和菓子屋が販売したのが始まりだそうです。
甘酸っぱい苺とやわらかい大福、今では定番の和菓子となりました。
身近な材料で、作りたてふわふわのお菓子を頂きましょう。

材料(10個)

もち粉100g
上白糖110g
水145g
小豆餡200g
苺10個
片栗粉(取粉)適量

作り方

  1. もち粉と砂糖を混ぜ、水を加え、しっかり溶かす。
  2. 生地を濡れ布巾を敷いた枠に流し、蒸し器で15分〜20分蒸す。
  3. 20gのあん玉を15個作る
  4. あん玉でいちごを包む。
  5. 蒸しあがった生地を取り出し、布巾のままたたみながら数回練る。
  6. 片栗粉を取粉にし、生地を15個に分割する。
  7. 生地で餡を包む。
(c)2008blog.hatena.ne.jp/wagashi_issho