読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和菓子サロン 一祥

Japanese Sweets Salon Issho

あんみつ レシピ




八月、せみの声が今ばかりと競演しております。
暑さを和らげる目にも涼しげなお菓子が多く出回る季節です。
寒天のお菓子の代表、みつ豆
江戸時代末期には豆などに蜜をかけたもの、
年月を経て現在のあんみつに変化しました。
アイスクリームや果物を好みでトッピングし、自分流のあんみつを作りましょう。

材料(4人分)

A
粉寒天4g
グラニュー糖50g
水600cc
コアントロー少々
B
白玉粉100g
水100g(調整する)
C
黒砂糖100g
上白糖100g
水100g
D
餡、羊羹、果物、アイスクリーム

作り方

  1. Cを鍋に入れ加熱し、沸騰したら冷ます。
  2. Aの寒天と水を鍋にいれ火にかけ、よく混ぜながら寒天を溶かす。
  3. Aの砂糖を加え溶けたらボウルに移す。
  4. ゴムベラで混ぜ、粗熱が取れたらコアントローを加え、型に流す。  
  5. Bの白玉粉に少しずつ水を加え、耳たぶの固さに練る。
  6. 20個に分割し、丸める。沸騰したお湯に沈め、浮いてきて1分ほどで氷水に移す。
  7. 型に流した寒天を好みの大きさに切る。
  8. 1の黒蜜を漉して容器に入れる
  9. 器に寒天、白玉団子、あん、羊羹、アイスクリームを盛り付ける。
  10. 黒蜜をかける。
(c)2008blog.hatena.ne.jp/wagashi_issho